治療器具

TECNICA GAVILAN PTB

徒手療法(手技など)、物理療法(超音波や電療など)、そして機能的(3D)な運動療法を含む治療システムを指します。
軟部組織の修復とコンディショニングの促進により、外傷の回復過程にも非常に効果的です。
怪我の回復過程にある硬いゴリゴリや、筋膜と言われる筋肉も周りにある膜の滑走性などを上げ、動きをスムーズにしてくれます。
スムーズにでないことで代償運動が起き、他の場所が痛くなったり、患部にさらに負担をかけたりという悪循環に落ちいってしまします。
これらツールを使用しアプローチすることで柔軟性や自動可動性なども確保され制限されていた痛みが減少されます。

適応としては

筋や腱の病変
(例:肉離れの修復過程や足底筋膜炎、アキレス腱炎など)
軟部組織の絞扼
(例:手根管症候群、胸郭出口症候群など)
靭帯の病変
(例:足関節捻挫、膝内側側副靭帯損傷など)
瘢痕組織の癒着
(例:術後の傷跡、ケロイドなど)

▲ページTOPへ

超音波-骨折治療(LIPUS)複合治療器UST770

超音波治療の効果・安全性に重要な、プローブのBNR(ビーム不均等率)とERA(有効照射面積)において、レベルの高い精度を実現しました。
深い深部には1MHz
浅い患部へは3MHz
というように、1本のプローブで切り替えて治療可能です。
国内外で信頼される最新技術を凝縮した、高品質な超音波です。


超音波治療

  • 患部を立体的に直接温める立体加温効果。
  • 1秒間に100万回(1MHz)/300万回(3MHz)のミクロマッサージ効果。
  • スポーツ選手に多くみられる、打撲や捻挫などの疼痛緩和に効果的です。

骨折治療(LIPUSモード)

  • LIPUSモードでは、低出力の超音波を断続的に発振します。
    発熱が少ないため、プローブを患部に固定した状態で使用することができます。
    筋・腱・靱帯など、損傷を受けた軟部組織を効果的に治療します。
    (例)アキレス腱炎症、膝蓋靭帯炎、足関節捻挫など

骨折後の治療を継続する事で、約40%早期に骨癒合が可能。

当院にあるES360と接続しコンビネーション治療、ハイボルテージ治療なども可能です。
ハイボルテージ療法とは、欧米生まれの高電圧電流(最大150V)を用いる鎮痛効果の高い治療法で、最近では国内でも多く利用されるようになりました。
特徴として従来の電気治療に比べ短時間で痛みを軽減できる事から、効果がその場で要求されるトップスポーツ選手の活躍する現場で用いられる事が多いです。

▲ページTOPへ

ES-360(MCR、EMS、干渉波「IF4,IF2」)

干渉波モード(IF4,IF2)(リハビリ・トレーニング)

  • 皮膚表面への電気刺激が少なく身体の深部まで刺激が届く特性を持った中周波です。
    異なる中周波を使う事で深部の筋の運動をさせます。

MCRモード(コンディショニングケア)

  • もともと体内に存在する電流に似たマイクロ電流を体内に流す事で、筋肉に刺激を与え傷ついた細胞の修復を促進させます。きわめて弱い微弱電流なので神経や筋肉を興奮させません。
    クールダウンや損傷部位の鎮痛や治癒促進効果が認められます。
    特に急性期の怪我に対しては効果があります。

EMSモード(トレーニング)

2500Hzの電流波形を筋力強化に適したものに変調し、刺激を与える事で筋力を強化が可能です。
例:怪我の際、膝の屈曲が出来ない時のリハビリなどで大腿四頭筋などを刺激する事で筋力低下を防ぐことが出来ます。


▲ページTOPへ

AT-mini Ⅱ

いつでもどこでも自分の身体をケアするという発想から生まれた、超小型・軽量のMCRモードを搭載した治療器です。
自宅や電車移動、何をしているの際にも使用可能です。
いつでもどこでも連続12時間まで治療可能です。
治療モードは3つ選べます。


COMB(鎮痛+治療) ALLタイムケア

トレーニングを終えた後などに効果的な、鎮痛と治療を組み合わせたモードです。

PAIN(鎮痛) ONタイムケア

トレーニング中など、現場で起こった捻挫や筋肉・関節の痛みといった急なアクシデントの際に有効です。

CARE(治癒)OFFタイムケア

移動中や休憩中などの身体を休めている時にも、トレーニングで損傷した筋組織の治癒を促進します。

▲ページTOPへ

ES-160(針通電低周波)

鍼通電用で使用する低周波治療器
Constant(連続)
Burst(間欠)
Surge(ソフト間欠)
Fast+Slow(疎密)
Sweep(ソフト疎密)
の5モードで、幅広い治療を可能にしました。


症状で使い分ける、5つのモード

●Constant(連続)モード:強い刺激感覚を与えるモード。強い筋緊張時に。
●Burst(間欠)モード:柔らかい刺激感覚を与えるモード。筋緊張時に。
●Surge(ソフト間欠)モード:立ち上がりがソフトな刺激で、多くの通電が可能。疼痛の軽減に。
●Fast+Slow(疎密)モード:周波数を変調させ、刺激に対する慣れを防止。
●Sweep(ソフト疎密)モード:16秒間で最低周波数から最高周波数へ変調。

3種のプログラムで、目的別に治療可能

目的や症状に合わせた一般的なプログラムを、あらかじめ3種類搭載。

▲ページTOPへ

Lasper-A(針通電低周波)

ソフトな当たりでしっかりした刺激を確実に与える理想の波形。
筋肉や神経に微弱な電流を流します。
血液循環を良くし様々な症状を改善します。
例:五十肩、自律神経調整、筋肉の傷害など。


▲ページTOPへ


instagram
友だち追加